セルをカラーコードで着色する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
color-excel-cells

Excelで色のリストを作っていると、左の図のようにわかりやすく、その色で表示したくなります、よね?そんなときはVBAで一気に着色してしまいましょう。

早速ですが、実現するVBAのコードはこちら。

使い方はまずVisual Basic Editorを起動して標準モジュールを追加し(こちらを参照)、追加されたモジュールに下のソースコードをコピペしてください。Excelに戻り、カラーリングしたい範囲を選択してから、Alt+F8を押します。「セルのカラーコードで着色」というマクロが追加されているはずなので、それを選択して[実行]します。

このVBAの肝は標準のRGB関数と最後に追加したHex2Dec関数です。

VBAでもRGB関数を使えば色を自由に指定できます。もちろん24bitカラーの範囲ですけど。この関数はその名の通り、R, G, Bの各色を0~255で渡してやれば、Excelのセルや文字に設定できる値に変換してくれます。

Hex2Dec関数は11-13行目で切り出した2桁ずつのカラーコードに”&H”を付加してVisual Basicが16進数文字列と認識するようにしてからCIntに渡し、整数値を取得しています。

最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク