Excel 2003, 2007, 2010でVisual Basic Editorを開く(VBAのはじめ方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
excel-vb-editor

Excel 2003, 2007, 2010でマクロをカスタマイズしたり、自分でVBAプログラムを書き始めるにはVisual Basic Editorを起動します。が、意外に起動の仕方が面倒です。というわけでエディタの開き方とショートカットキーの覚え書きです。

一番簡単なのはAlt+F11を押すことです。

これを覚えておけば2003でも2010でも関係ありません。ぜひこれでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m

でもまぁあまりに記事も短いので、一応メニューやリボンからたどって、モジュールを追加するまでの方法も記しておきます。

スポンサーリンク

Excel 2003

  1. メニューから[ツール(T)]→[マクロ(M)]→[Visual Basic Editor(V)[をクリックして、Visual Basic Editorを起動します。
  2. Visual Basic Editorのメニューから [挿入(I)]→[標準モジュール(M)]をクリックします。

Excel 2007, 2010

インターフェースがリボンになったので、ちょっと複雑です。

  1. リボン(「ファイル」のあたり)を右クリックして[リボンのユーザー設定(R)…]をクリックします。
  2. リボンの設定が開くので、右側のユーザー設定のリストで[開発]のチェックをオンにして、[OK]をクリックします。
  3. [開発]リボンが表示されるので、[Visual Basic]をクリックすれば、Visual Basic Editorが起動します。
  4. Visual Basic Editorのメニューから [挿入(I)]→[標準モジュール(M)]をクリックします。

That's all!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存