WPFのCombinedGeometryを使って複数の図形を演算する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
CombinedGeometryをPathに設定して画面に描画

WPFではベクターグラフィックスが利用できて、便利です。RectangleやEllipseのような簡単な図形はいいですが、ちょっと凝った図形はPathで作ります。今回は左図の“マルi”マークのような演算を含むマークを描いてみます。

Pathの場合、ジオメトリと呼ばれる直線や曲線のデータを集めたものをPath.Dataに設定することで、図形を画面に描画します。Geometry自体は画面に線や塗りを描画することはできません。
PathとGeometryの詳細はMSDNを参照してください。
WPF での図形と基本描画の概要 パスとジオメトリの使用 – MSDN

作っていく方針としては、“●(丸)”から“i”の字を抜けばいいわけです。単純に“●(丸)”に背景色と同じ色の“i”の字を重ねてもよさそうですが、背景が図形の場合など、“i”の字を透過したい場合はやはりくり抜きたいのです。

スポンサーリンク

CombinedGeometryでジオメトリを演算

そこで登場するのがCombinedGeometryクラスです。

CombinedGeometry.GeometryCombineModeによるジオメトリの演算

このようにCombinedGeometryクラスを使うと2つの図形の間で結合したり、差し引いたりして複雑な図形を表現することができます。そのモードはUnion(結合)、Intersect(交差)、Exclude(除外、型抜き)、Xor(排他的論理和、中マド)から選べます。ちなみに単純な結合の場合はGeometryGroupクラスを用いたほうが処理が速く、複数の(3つ以上の)図形でもOKなので便利です。

作り方

“i”を作る

ここでは“i”の字は丸と角丸四角形の組み合わせで作ります。まずこれをGeometryGroupで作ります。

“●”と“■”をGeometryGroupで結合して'i'にする

RectangleGeometryは四角形のGeometryです。RadiusXとRadiusYに指定すると角丸にもできます。めっちゃべんり。Rectプロパティの中は “X座標,Y座標,幅,高さ” です。
EllipseGeometryは楕円のGeometryです。Centerプロパティで中心座標を指定して、RadiusXとRadiusYで半径を指定します。RadiusX=RadiusYなら正円になります。

“i”で“●”を型抜き

次にCombinedGeometryで“●(丸)”から今作った“i”を型抜きします。

“●”から“i”をCombinedGeometryで型抜きして、“●i”マークにする

このようにCombinedGeometryのGeometryCombineModeプロパティにExcludeを設定して、Geometry1にベースとなるジオメトリ、Geometry2に演算するジオメトリを設定します。一番上の例で言えば、青の円がGeometry1、黄色い四角がGeometry2です。

ちなみに今回の場合、Geometry2がGeometry1の内側に完全に入っているので、モードはExcludeでもXorでもかまいません。なお、Adobe IllustratorのパスファインダーではXorは中マド、Excludeは型抜き、と呼ばれています。

パスに設定して画面に表示

この作成したジオメトリを画面に表示するため、CombinedGeometryをPath.Dataに設定してやりましょう。

Path.Effectはわかりやすいようにつけた影のエフェクトです。これでこんな感じになるはずです。

CombinedGeometryをPathに設定して画面に描画

最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存