WPFのIValueConverter実装のテンプレート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
wpf-converter

WPFのバインディングは非常に便利ですが、バインド先のプロパティとソースの型が一致しないことは多いものです。そんなときに必要なのが、値コンバーター(ValueConverter)です。

ValueConverterはIValueConverterインターフェースのConvert/ConvertBackメソッドを実装するだけ、です。が、ValueConversion属性も書かないといけないので、結構めんどくさいのです。というわけでなんのことはないですが、テンプレートを置いておきます。

スポンサーリンク

IValueConverterに関して

IValueConverterインターフェースや使い方に関しては▼の@ITの記事が大変参考になります。

データの表示と入力に必要な知識 - @ITデータの表示と入力に必要な知識 - @IT

これまで紹介してきたサンプルは、いずれもString型のプロパティ値とDouble型のプロパティ値を同期するバインディングであったため、暗黙的な型変換によって、型の違いが自動的に解決されていた。...

テンプレート

コピペしてはっつけて、ほげほげをいじればOKです。ほんとはスニペットにしたほうがいいのでしょうけど、面倒なのでこれで。

クラス名は最後にConverterとつけるほうがいいでしょう。私は変換前/後の型や値の名前などをToでくっつけて命名しています。BooleanToVisibilityConverterとかInt32ToBrushConverterとかそんな感じです。

最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存