Windows 8 で .NET Framework 2.0/3.0/3.5 をインストールするには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
enable-old-dotnet-on-windows-8

Windows 8 には .NET Framework 4.5 がインストールされているものの、2.0 や 3.0、3.5 はインストールされていません
今回はこのインストールに少し手間取ったので、解決方法をご紹介します。

.NET Framework 2.0/3.0/3.5(以下、「.NET Framework 3.5」)がインストールされていない状態で、対応アプリを動かすと▼のようなダイアログが表示されて実行できません。.NET Framework 3.5 を有効にしてやる必要があります。

以前の .NET アプリを実行するとダイアログが表示される

スポンサーリンク

まずはコントロールパネルから試してみよう

ということで、Windows 8 に .NET Framework 3.5 をインストールします。とりあえず Microsoft が推奨している簡単なやり方を試しましょう(さきほどのダイアログからインストールしても OK です)。インターネットにつながっていることが条件ですが、これでいければ一番望ましいです。

  1. コントロールパネルを開き、[プログラム]→[プログラムと機能]→[Windows の機能の有効化または無効化] をクリック
  2. コントロールパネルから「Windows の機能」を呼び出す

  3. 「Windows の機能」というダイアログが開くので、「.NET Framework 3.5(.NET 2.0 および 3.0 を含む)」にチェックを入れ、[OK]をクリック
  4. あとは適当に[次へ]とか押していくとダウンロードされて、インストールされる
  5. 以上

…ですが、私の場合これではうまくいきませんでした。。。orz

インターネットに接続されているのにダウンロードできない

うまくいかないときは▼のようなエラーが表示されます。

0x800f0906: “Windows couldn’t connect to the Internet to download necessary files. Make sure that you’re connected to the Internet, and click Retry to try again.”

(必要なファイルをダウンロードするために Windows からインターネットに接続できません。インターネットに接続していることを確認してから [再試行] をクリックして再度試してください。)

しかし、なんど [再試行] を押したところで、無情にも結果は変わりません。この状態に陥ったら、さっさとあきらめて下記の方法を試しましょう。

手順は長そうに見えますが、意外に簡単です。たぶん 3 分ぐらい。ちょっと面倒なのは Windows 8 のインストールディスクが必要なところ。用意してくださいね。

  1. Windows 8 のインストール DVD を、DVD ドライブに入れる
  2. [Windows]+[E] キーでコンピューターを開き、DVD ドライブのドライブレター(アルファベット)を覚えておく(下の例では「Z」)
  3. ドライブレターを覚えておく

  4. 下記のコマンドをコピーしておく(マウスをのせるとコピーボタンがでてきます)
  5. [Windows] キーを押すなどして、スタート画面を表示させ、右クリックして右下にでる「すべてのアプリ」をクリック
  6. スタート画面

  7. アプリ一覧で「Windows システムツール」にある「コマンドプロンプト」を右クリックし、左下にでる「管理者として実行」をクリック
  8. コマンドプロンプトアイコンを右クリックして管理者として実行を選ぶ

  9. ユーザーアカウント制御で「変更を許可しますか?」と聞かれるので[はい]をクリック
  10. UAC に許可を求められるので、はい を選ぶ

  11. コマンドプロンプトが表示されたら、右クリックして[貼り付け]を選び、貼りつけられた文字列の「X」の部分を2で覚えておいたドライブレター(この例では「Z」)のアルファベットに変える
  12. コマンドプロンプトに Dism コマンドを入力する

  13. [Enter]キーを押すと、「展開イメージのサービスと管理ツール」という謎の処理がはじまるので、しばし待つ
  14. 「展開イメージのサービスと管理ツール」が100%になるまで待つ

  15. 10分ぐらいかかるが、100% になったら終了
  16. [コントロールパネル]→[プログラム]→[プログラムと機能]→[Windows の機能の有効化または無効化]から「Windows の機能」を開き、「.NET Framework 3.5(.NET 2.0 および 3.0 を含む)」に●がついていることを確認する
  17. コントロールパネルからきちんとインストールされたかを確認する

以上で、.NET Framework 3.5 のインストールが完了し、対応アプリが実行できはるはずです。再起動も不要でした。

最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m

他の解決策

下記のサイトにあるようにアプリと同じフォルダにある app.config を編集することでも実行できるようです。

ただし、今回私が実行したかったアプリは、とあるソフトのインストーラーなので、この手法は使えませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存