Google カレンダーのアカウント移行 2014/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
google-account-migration-2014

Google(Gmail) アカウントを変更したときの Google カレンダーの移行についてメモ。

他の Google 系サービスのアカウント移行は下記のページを参照してほしい。

移行手段は 2 種類ある。もっとも簡単なのは (1) 共有で移行する方法だが、従来のユーザーがオーナーのまま変えられないのでメインカレンダーだけは (2) iCal ファイルのエクスポート/インポートで移行したほうがすっきり使える気がする。

では早速移行手順を説明する。

(1) 共有で移行する方法

この場合は、各カレンダーを新しい Gmail ユーザーに共有して、管理権限を設定する、という流れになる。

まず、Google カレンダーのトップページの左に表示されている “マイカレンダー” で移行したいカレンダーの右側の ▼ をクリックして [このカレンダーを共有] をクリック。

Google カレンダーのアカウント移行 2014/11

移行したいカレンダーの「このカレンダーを共有」を開く

“特定のユーザーと共有” の一番上の行の “ユーザー” に新しい Gmail アドレス、”権限の設定” に “変更および共有の管理権限” を指定して [ユーザーを追加] をクリックする。

Google カレンダーのアカウント移行 2014/11

変更および共有の管理権限を指定してユーザーを追加する

マイカレンダーが複数ある場合はこの作業を繰り返す。

新しいアカウントでログインしなおしてカレンダーが表示されていれば OK。不要なら旧アカウントを共有から削除することもできる

(2) iCal ファイルのエクスポート/インポートで移行

サブカレンダーは共有による方法でもいいのだが、メインのカレンダーはやはり新しいアカウントのメインカレンダーを使いたいので、旧メインカレンダーからデータだけを新メインカレンダーに移行した。移行には iCal 形式のファイルを経由する。

まず、旧アカウントのメインカレンダーの右側の ▼ をクリックし、[カレンダー設定] をクリック。

Google カレンダーのアカウント移行 2014/11

移行するカレンダーの「カレンダー設定」をクリック

カレンダーの設定が開いたら、下の方にある “限定公開 URL” の [ICAL] ボタンをクリック。

Google カレンダーのアカウント移行 2014/11

ICAL ボタンをクリック

“限定公開 URL” という URL が表示されるので、このURLをクリックすると basic.ics という iCal 形式のファイルをダウンロードすることができる。

Google カレンダーのアカウント移行 2014/11

限定公開 URL をクリックして basic.ics ファイルを保存

ダウンロードされたことを確認したら、新しいアカウントでログインし直し、左メニューの “他のカレンダー” の右側の ▼ をクリックし、[カレンダーをインポート] を選ぶ。

Google カレンダーのアカウント移行 2014/11

「他のカレンダー」→「カレンダーをインポート」を選ぶ

“カレンダーをインポート” 画面で、さきほどの basic.ics ファイルを選択し、インポート先のカレンダー(メインカレンダー)を選択して、[インポート] ボタンをクリックする。

Google カレンダーのアカウント移行 2014/11

basic.ics ファイルのデータをメインカレンダーにインポートする

しばらく待つとデータがインポートされるはず。だいたい登録されていれば OK。メッセージによると繰り返しの予定などは違ううまく登録されない場合がある模様だが、確認できていない。

なお、この方法は以下の Google カレンダーヘルプを参考にした。

Thank you for reading!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク