屋久島の旅 6日目 カヤック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
120503-kayaks

カヤックデーです!天気も初の快晴!レジャー最終日を満喫しました!

スポンサーリンク

KAZEのマサさんと再会!

以前きたときもやったカヤックツアー。もちろん今回も組み込みました。以前もお世話になった「屋久島カヤックツアー KAZE」。

屋久島カヤックツアー KAZE屋久島カヤックツアー KAZE

屋久島のナビサイトではあんまり見かけないんですが、カヤックだけでなく、シュノーケリングなども楽しめます。代表のマサさん(38)さんのブログも。

正直マサさんの顔は忘れてて、宿近くの「ぽんたん館」駐車場で待ち合わせしてるときも車の中では「あれ、そうじゃね?」「いやー、あんな顔ではなかった気が・・・」「でもカヤックのせてるで」などと不毛な会話が繰り広げられておりました。

それでもなんとか出会うことができ、トローキの滝を少し西に行ったところにある漁港から入ることに。今回は我らパーティー4人+ご家族3人+マサさん+サブのジモンさんの計9人でした。

徐々に思い出してきたマサさん、さすがに7年も経つと老け変わりますよね!

トローキの滝は下から近づくべし

前回は川も行きましたが、今回は海オンリーです。

トローキの前で

漁港で準備運動、パドルの使い方などを教わったあと、いよいよ海に漕ぎ出します。今回も安定感のある二人艇でした。しかもなぜか経験者2人の組み合わせになったので、漕ぐのはとても楽でした。

しばらく行くとトローキの滝があります。この滝は直接海へ落ちる、全国でも非常に珍しい滝です。千尋の滝のすぐ近くから見に行けますが、上からだとかなり遠く、小さくしか見えません。

それに比べカヤックで行くと滝壺まで行くことができます。気持ち良い滝のシャワーを浴びてきました(^-^*

絶好のカヤック日和

少し無人島っぽい感じの孤立した陸地に上陸しました。ここでお昼を作って食べます。

お昼の用意はほとんどマサさんとジモンさんがやってくれますので、その間は海で泳いだり、岩場から飛び込んだりして水遊び。

滝から注ぐ水で半分以上淡水になっています。あまりしょっぱくはありませんが、水温は低かったです(^^;


タコライス

お昼のメニューはタコライス。タコは入ってませんが。

ご飯の上にキャベツと煮込んだ具、チーズをかけてバーナーで炙って食べました。豪快でうまい。


シュノーケリング中

午後からは少し離れた海側へカヤックででて、シュノーケリング。ちょこちょこ魚はいてましたが、あまり多くはなかったです。海はキレイだったので、よかったです☆

そういえばダイビングのオープンウォーターライセンスもってたことを思い出しました(笑)

3時頃まで遊んだあと、再びカヤックに乗り込み、漁港へ戻ります。今回は少しカヤックが少なかったかな。ま、十分楽しみました。

温泉につかって宿へ

漁港で片付けを手伝ったあと、我ら4人は尾之間温泉へ。地元のおっちゃんらもすごい人数ですが、注意書きがあるにもかかわらず、限られたシャワーを独占してヒゲまで剃ってる非常識なおっさんに閉口でした(ーー;

明日は飛行機で帰阪するため、空港周辺に戻りました。

本日のお宿は「民宿 大川」です。

民宿 大川民宿 大川

1泊2500円の素泊まり宿ですが、至って普通のお家です。空港から南に10分ほど歩くのでけっこう距離があります。

まつばんだレンタカーの空港前営業所でレンタカーを返却し、いざご飯へ!

こまった晩ご飯。しかし「あいこ亭」は最高。

食べられなかったイルマーレ

屋久島のお店は営業時間や営業日が短かったり少なかったりするので、注意が必要です。とはいえ、この日予定していたレストラン「イルマーレ」は完全に不手際でした。

かなり楽しみにしていたんですが、ディナーは前日までの予約がないとダメとのこと。ガイドブックに書いておいてほしかった。。。残念ですが、仕方ありません。

周辺を歩き回るも空港近辺はほとんどご飯を食べるところがありません。選択肢はイルマーレの他、「あいこ亭」と「まんてん」ぐらししかありません。

「まんてん」はバイキングしかなく、4,725円。おそらく宿泊者向けの晩ご飯ではないかと思います。なんか気が向かなかったので、しばらく他の店を求めて歩きまわるも、結局見つからず、最終的に「あいこ亭」に入ることになりました。

これが正解!

あいこ亭 - 食べログあいこ亭 - 食べログ

空港をでたとこすぐのエアポートホテル1階にあります。

正直期待していなかったのですが、予想を裏切る大善戦。頼んだのはチキン南蛮定食と焼き豚骨定食どちらも1,000円前後で、ボリュームもあり、味がめちゃうまいです。

特に焼きとんコツはトロトロになるまで(たぶんビールで)煮込んだスペアリブ(豚の骨付きばら肉)を焼いたもの。うまい。大阪人が言うんだから間違いない!(笑)

しかも、三岳はともかく、どこ行ってもお高めの、屋久島のもう一つの焼酎「愛子」が500円で飲めます。水割り濃い目、で注文するとほとんどストレートででてきます。うまい。ちなみに5合瓶ですら2,000円ぐらいで飲めます。

ご飯はおかわり自由だし、店のおっちゃんらも愛想いいし、ホテルのしょーもない付属のレストランかとおもいきや、地元の人もみんな訪れるイイ店でした♪

旅の最後を飾るすばらしい夕食でした。ありがとう、あいこ亭のおっちゃん!

屋久島の旅 目次

屋久島の旅 1日目 鹿児島で一泊
屋久島の旅 2日目 屋久島入り&囲炉裏で鍋
屋久島の旅 3日目 いざ縄文杉へ
屋久島の旅 4日目 西部林道で島一周
屋久島の旅 5日目 白谷雲水峡
屋久島の旅 6日目 カヤック ←今ココ
屋久島の旅 7日目 喫茶樹林でブレックファスト&帰阪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存