ZenFone 5 (A500KL) の背面カバーの開け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
zenfone-5

先日 ASUS から発売され、格安 SIM フリースマホとして公表の ASUS ZenFone 5 (A500KL-GD32) を入手しました。

さっそく IIJmio の MicroSIM を入れて使いはじめよう!と思うと最初のハードルが…。ZenFone 5 は SIM カードや SD カードを入れるのに裏蓋を開ける必要があるのですが、これがなかなか開きません。下手に開けようとするとせっかくのカバーが傷ものになってしまいそうです。

ということで、同様に困る人のために開け方をメモしておきます。

スポンサーリンク

開ける前に

まず、ZenFone 5 の背面パネルは iPhone などと違ってプラスチックなので、金属のドライバーなどで外すのは NG です。たぶん爪がベストだと思います。

次に構造を理解しておきましょう。これを知っていると外す自信がでます(?)。バックカバーを外すと下の写真のようになっています。

ボタンは背面カバー側にくっついている

ボタンは背面カバー側にくっついている

背面カバーを外したときの電源、音量ボタン周辺です。ボタンの押す部分は本体側でなく、バックパネル側についていることがわかります。

バックパネルはすべて本体とツメでひっかかっているだけです。それを順番に外してやればぱかっと開きます。

開け方

ZenFone 5 を横から見たところです。

音量ボタン横の隙間に爪を差し込む

音量ボタン横の隙間に爪を差し込む

電源ボタンと音量ボタンがあるので、この音量ボタンのところの前面パネルと背面パネルの間に指の爪を突っ込みます。この部分は細くなっているので割とすんなり爪が入ります。

爪が入ったらそのままパネルに沿って爪をスライドさせます。このとき、こじるようにしてしまうとカバーが変形するかもしれないので、あくまでスライドさせるようにします。

そのまま上や下のほうも爪をスライドさせるとバックパネルがカパッととれます。

MicroSIM スロットは中央部分

MicroSIM スロットは中央部分

MicroSIM カードのスロットは本体中央部分にあります。ちょっと挿入しにくいですが、カチっと音がするまで差し込みます。

背面カバーを閉じるときはパチンパチンとはめこむだけなので簡単です。さて、格安 SIM ライフを楽しむとしましょう!

Thank you for reading!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存