中国銀行の「晴れの国支店」限定キャンペーンには100万円ポンと預けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
chugin-optimize-time-depo-1210-thumb

中国銀行がインターネット限定で表示金利に+1.2%上乗せというキャンペーンをやっています。結構大きな上乗せですので、例によって「定期預金の利回りを最適化する電卓」で計算してみました。

結果としてはこの定期には100万円まとめて預ければいい!ということになりました。

スポンサーリンク

中国銀行「晴れの国支店」とは

なんだか大げさな名前な気もしますが、中国銀行のインターネット専用支店がこの「晴れの国支店」です。

口座開設はホームページから行なうと1週間程度でできるようです。今回のキャンペーンはなぜかホームページで大々的には広告されていません。

期間は2012年11月30日まで(※50億円に達したら終了)なので、まだ間に合いますね。

ちなみに中国銀行は Bank of China ではなく、日本の中国地方、岡山を中心とした日本の銀行です。あしからず。

最適なのは10,776円だが・・・

預け入れ額の最低金額は1万円ですので、この条件をあてはめてみると10,776円が最適であることがわかります。実質利回りは1.039%です。

ただし、この場合、100回近くも申し込みの操作をしなければなりません。さすがに現実的ではないので、10万円以上にしてみると104,164円となります。利回りは0.987%まで下がりましたが、10回程度の操作で済むので、まぁまだなんとかなりそうです。

100万円でもそんなにかわらない

いっそのこと100万円にしてしまうとどうかと言うと、実質利回りが0.975%、受取利息が2,438円となりました。

一覧表を▼にのせておきます。

元本 口数あたりの
受取利息
口数 合計元本 受取利息
10,776円 28円 100口 1,077,600円 2,800円
104,164円 257円 10口 1,041,640円 2,570円
1,000,000円 2,438円 1口 1,000,000円 2,438円
1,038,041円 2,533円 1口 1,038,041円 2,533円

これぐらいの違いなら100万円ポンっと預けてしまったほうがラクな気がします。

もう少し足して1,038,041円にすると受取利息が2,533円まで増えますので、この金額でもいいかもしれません。

6ヶ月や1年は損

+1.2%というのは3ヶ月のときのみで6ヶ月や1年では、それぞれ+0.6%と+0.3%に下がってしまい、流動性リスクも考えるとオトク感が薄れてしまいます。

▼に一覧表をのせておきます。1年や6ヶ月で預けるメリットは全くなさそうです。

預入期間 表示金利 キャンペーン
金利上乗せ
合計金利 元本 受取利息 実質利回り
3ヶ月 0.025% 1.20% 1.225% 104,164円 257円 0.987%
6ヶ月 0.025% 0.60% 0.625% 102,080円 257円 0.504%
1年 0.025% 0.30% 0.325% 104,308円 272円 0.261%

どんなときに預ける?

さすがに中国地方以外の方で中国銀行「晴れの国支店」に口座をもっている人は少ないのではないかと思います。

このため、このキャンペーンにのるためには口座開設が必須となります(というか新規契約がキャンペーンの条件ですが)。これに1週間(+手間)がかかります。

最初の預け入れ期間をすぎると利率が0.025%という低水準に戻ってしまうので、ずっと資金をおいておく口座には適しません。

そうなると3ヶ月が経過したあと、資金を引き出す必要がありますが、中国銀行の場合、住信SBIネット銀行や新生銀行のようにATM手数料無料や振込手数料無料といったサービスがないので、ATMからの引き出しに手数料がかかってしまいます。
全国のセブン銀行ATMが利用できるようですが、手数料は平日昼間で105円です。

まぁ、このへんの時間と金銭的コストを考慮して、それでも2,500円ぐらいの利息が魅力に感じられる場合は、申し込みましょう。

しかし、一時的とはいえ魅力的な利率を提供してくれるキャンペーンはうれしいですね(^▽^)ノ

最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存