ネット銀行の金利・ATMサービス比較表【2013年9月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
comparison-among-some-net-banks

2014/6/24 最新の比較表に更新しました。ネット銀行の金利・ATMサービス比較表【2014年6月】へ。

以前SBJ銀行の1週間定期預金「なのかちゃん」を紹介したとき、口座を開設してまで預け入れる必要はないと思っていましたが、東京スター銀行のスターワン1週間円預金の金利も0.20%に下がってきたことで、短期で比較的高い金利の定期預金として「なのかちゃん」は有力な候補になってきました。

ということであらためて新生銀行や東京スター銀行などのネットバンクとお得なサービスを比較してみました。

スポンサーリンク

各銀行サービス比較表

SBJ銀行 東京スター銀行 新生銀行 住信SBI銀行
超短期預金 1週間
0.25%
10万円以上
詳細
1週間
0.20%
10万円以上
詳細
2週間
0.15%
50万円以上
詳細
ハイブリッド預金
0.100%
詳細
ATM 自行以外のATM セブン銀行
イーネット

イオン銀行
みずほ銀行
詳細
セブン銀行
ゆうちょ銀行

詳細
セブン銀行
ゆうちょ銀行

全都市銀行(出金のみ)
詳細
セブン銀行
ゆうちょ銀行
イーネット
ローソン

詳細
出金 月3回まで無料
4回以降105円
実質月8回まで無料
105円~210円
何回でも無料 月5回まで無料
6回以降105円
入金 無料 無料
備考 みずほ銀行以外はほぼ24時間365日 入金できる時間帯が限られる セブン銀行は24時間365日 ゆうちょ銀行以外はほぼ24時間365日
振込
(他行への振り込み)
無料回数 3回 なし 1回~10回 3回
手数料 210円
詳細
315円
詳細
100円~300円
(キャッシュバック)
詳細
150円
詳細

超短期定期預金

超短期定期預金で見ると、これはSBJ銀行が強いですね。

金利が下がってしまった東京スター銀行のスターワン1週間円預金、新生銀行の2週間満期預金は魅力が少なくなってしまいました。

住信SBIネット銀行にはもともと超短期預金はありません(最短で1ヶ月)。ただし、SBI証券の口座をひらくと「ハイブリッド預金」を利用できます。これは普通預金と同じようにいつでも出し入れできます。金利も0.100%と、割と高いので、普段使いにはもってこいです。

ATM

ATMは各銀行ともセブン銀行が使えることに加えて、それぞれイーネット(ファミリーマートなどのコンビニATM)やゆうちょ銀行など全国で広く利用できるので、不便はないでしょう。

ただし、東京スター銀行の場合、ATMで入金できる時間帯が平日7時~19時しかなく、けっこう不便です。

ATM 無料回数

ATM無料回数ついては新生銀行が最強で、東京スター銀行はかなり不利です。

東京スター銀行は月8回まで実質無料となっていますが、これは一旦手数料がかかってしまい、翌月に(条件付きで)キャッシュバックされるということです。そのため、キャッシュバックされないこともあるということです。

振込手数料

振込手数料に関しても東京スター銀行は無料回数がないので、不利です。他の口座に資金移動するときもATMで引き出す必要があり、しかも手数料がかかるので、かなり使いにくいです。

新生銀行も通常では1回しか無料回数がないので、普段使いには不便ですね。

住信SBIネット銀行とSBJ銀行は無料回数が3回あるので、うまく使えば非常にお得です。

結論

超短期預金はSBJ銀行、普段使いは住信SBIネット銀行というのがもっとも使い勝手がよさそうです。

どちらもATM無料回数が多く、振込手数料も3回ずつあるので、うまく使えば手数料も一切かからず、1円単位で資金を移動できます

住信SBIネット銀行にある程度貯まったら、SBJ銀行に振り込みで移動させ、1週間預金で0.2%の金利を受け取っておき、まとまったお金が必要なときは解約して住信SBIネット銀行に振り込み直せばいいのではないでしょうか。

Thank you for reading!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存